小学校受験の基礎知識お金は?スケジュールは?

よく使われている単語ですが、何を指しているのかイマイチはっきりしていない場合もあることでしょう。義務教育の小学校ではなくて、私立小学校、国公立の小学校を受験することをまとめて「小学校受験」といいます。自分の子どもは関係がないと思っている人もいるかもしれませんが、調べるだけなら誰でも自由にできます。また莫大なお金がかかるイメージですが、塾に通ったり、願書をもらったりする時がかかるので、調べてみると受験だけならそこまでの金額はかかりません。そう考えると、興味があるのなら調べてみてもいいのではと思います。

小学校受験とは?

私立小学校は、教育方針でしつけ、礼儀などを重点的に考えた小学校。独自のカリキュラムを設定し、塾に通わなくても小学校以上のレベルの教育を受けさせてくれるところがあります。例えば、私立小学校では、課外授業やアフタースクールがあるところもあります。私立小学校に入学するとエスカレーター式に中学校へ進学できる利点もあり、関東ではいい環境下で勉強をさせたいと思う親は特に受験をする人も多いです。幼稚園で人生が決まってしまうとまでは言い切れませんが、倍率が10倍以上のこともあり、勝ち抜ける人材を育てるためにも受験の機会を与えることは、合格しても不合格にしてもいい経験です。中学校受験も人気が高いと激戦になるので、チャンスが一度増えるのなら憧れの学校に受験させてあげてもいいように思う親御さんも多いです。小学校と中学校受験で迷っているのなら、小学校「も」考えてみましょう。憧れのブランド校と呼ばれる学校に入学できるチャンスが出てきます。

小学校受験にかかる費用は?

問題なのは、「いくらくらいかかるか」です。一般家庭のサラリーマンだと、教育資金に捻出するお金の予算があり、義務教育のうちは公立小学校でいいような気がします。確かに、受験にはお金がかかりますが、もし、記念受験をするのならそこまでの費用はかからないことを知っていましたか?学校によって、入学願書の金額が必要だったりしますが、受験するだけなら交通費くらい。お金はかかりません。それでは、なぜお金が必要なのかというと、合格するための対策、通うにあたっての入学金と授業料が一気に必要だからです。受験は勉強がどれだけできるかのペーパーテストのほか、絵画や体育などの個別テストがあり、苦手分野を対策するために塾に通っている子がほとんど。また、入学できたなら、入学金や学費も必要です。そして、私立小学校に入れたいママは、2、3ヶ所の小学校を併願したりする場合もあります。そうなると、対策方法も変わり、余分に出費が増えてきます。そういったイメージが強いのでお金がかかると言われているのです。

親では分からない、客観的な視点からの教室でのお子様の様子を報告します。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 伸芽会が小学校受験合格へ導きます!