小学校受験はお金がかかる?

小学校受験は、どうしても「お金がかかるもの」と思います。受験をやめようと思うひとつにお金の問題があるといっても過言ではありません。私立小学校にはいくらくらいお金が必要なのかを調べてみました。ある学校は、合格が決定すると、初年度にかかるお金を払う必要があります。

大切なお金の問題

その金額、入学金は34万円、授業料は1年間で94万円、施設費用として45万円、教材費2万円、給食費11万円で初年度納入金は186万円ほどでした。この金額は有名私立小学校なので、値段は高い方です。他の小学校を調べると、そこまでは高くなかったりします。入学金は30万円程度、そして授業料は年額、月額で支払うところが多く、施設費や教材費がかかるところも多いです。調べたところは97万円。こちらはほぼ100万円でした。全国平均で見ても、1年あたり100万円程度のところが多く、ブランド校になると先に述べたように180万円の額にであることも多いです。施設費やPTA会費などが別途かかることもあります。ただ、この100~200万円、初年度は入学金もありますから、余分にかかっています。2年目以降は入学金の30万円ほどはかからない計算なので、私立小学校に通わせるには年間70~150万円がかかるといえるのではないでしょうか。

国立小学校も視野に入れてみると

もし、夫婦で奥さんが専業主婦なら、年間の金額はパートに出て扶養内ギリギリの100万円を稼げは、まかなうことができる程度でしょうか。何が何でも我が子を私立小学校に、と小学校受験を無理にするのはよくありませんが、子供1人を私立小学校に行かせるには、学費を計算してみて自分の家計でもやっていけるかを考えると解決する気がします。有名私立小学校だと中にはセレブと言われるお金持ちの人が通うこともあるので、経済格差を感じないくらいがいいのかもしれません。お金がかかりすぎると気になる人は、国立大学の付属小学校に通うことも考えてみてください。国立小学校も、いわゆる「小学校受験」。私立小学校ほど独特のカラーがあるわけではありませんが、文部科学省の方針で、実験的な授業を受けられるほか、月額の授業料がそこまで高くないと言われています。学校によりますが、月々数千円からの授業料もあり、公立小学校が荒れているなど心配ごとがある場合は、私立小学校とともに国立小学校を考えてみるのもいいかもしれませんね。